こんにちは。

クロードモネ 新宿店 店長の細川サトルです。

いつも当サロンの各ブランドコラムをご覧いただき誠にありがとうございます。


今回は美髪を目指すために積極的に摂取すべきな、『シスチン』について解説していきます。

今回は、摂取方法やなぜ美髪効果が得られるのか説明します。

アミノ酸「シスチン」とは

「シスチン」はタンパク質を構成しているアミノ酸の一つです。

シスチンは人体を形成するために欠かせないアミノ酸であり、主に髪や爪などに多く含まれています。

またシスチンは髪や爪同様、肌にも大きく関わっているアミノ酸であります。

特にメラニンの生成によって生じる肌のシミの改善に大きな効果が期待できるため、美肌には欠かせない成分の一つになっています。
           

シスチンを摂り入れることによる髪への効果

髪の主成分であるタンパク質の一種、「ケラチン」は髪を作るうえで欠かせない成分です。

またシスチンが不足することは、髪の生成の妨げにもなります。

そのためシスチンを摂取することは、髪の生成を促進する効果と髪の栄養不良を予防する効果が期待できます。

このようにシスチンは発毛促進や育毛、傷み改善などを目指す上で必要不可欠な成分ですので、美髪を目指すためには積極的に摂取するべきです。
       

シスチンの摂取量

シスチンの含有量が多い食品は肉類魚介類豆類です。またこれらよりは劣りますが小麦粉や米、そばなどの穀物類にも含まれています。

WHOが推奨している一日のシスチンの摂取量は、体重1㎏にたいして15です。

この量は肉類、魚介類、豆類を意識して摂取するようにしていれば、通常の食事量でも十分摂取することができます。
           

シスチンをたっぷり含んだ美髪レシピ

食事からしっかりとシスチンを摂取するには、主菜に肉料理か魚料理、副菜に豆料理、主食にパンや米などの穀物を用いたレシピを取ると良いです。

たとえば和食なら焼き魚を主菜、冷奴を副菜、白米を主食といった感じです。

洋食の場合はハンバーグを主菜、大豆のミネストローネを副菜、主食にパンというような内容になります。

このように複数の食品からアミノ酸を摂取することで、シスチンに加え必須アミノ酸も摂取できますので、より美髪効果が高いレシピになります。

積極的にシスチンを取り入れ、美髪を目指しましょう!

 

何事に対しても納得するまで追求する性格です。絶対的な似合わせと多角的な視点からのヘアスタイルを提案します。特にレディースのレイヤースタイルとメンズスタイルはお任せ下さい!

 

《instagram →satoru_hosokawa》

クロードモネ新宿店 店長 細川サトル